白内障とは

正常な水晶体と白内障の水晶体白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。
水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。
通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり

視界が全体的にかすむ

視力が低下する

光をまぶしく感じる

暗いときと明るいときで見え方が違う

などの症状が現れます。

  • 正常な眼球 透明な水晶体は光を十分に通します。 正常な眼球 正常な眼球の見え方
  • 白内障の眼球 水晶体がにごり、光が通りにくくなります。 白内障の眼球 白内障の眼球の見え方もやがかかって見える、明るいところで眩しいなどの症状が現れ、見えづらくなります。

治療方法は?

  • 治療方法1 1 切開します
  • 治療方法2 2 にごった水晶体を砕いて吸いだします
  • 治療方法3 3 眼内レンズを挿入します

当日の費用の目安

1割負担の方 片目 12,300円
両目 24,600円
2割負担の方 片目 12,300円
両目 24,600円
3割負担の方 片目 42,000円
両目 84,000円

※費用は目安としてお考えください。
※診療報酬の改定に伴い、大幅に変わることもあります。
※その他、手術前の診察料などの費用が発生いたします。
※同月内で両眼手術する場合は限度額が適用になる場合があります。詳しくはお問合せください。

高額医療費制度が適応になります月に一定の金額を超えた場合に、その超えた金額が払い戻される制度です。
限度額は収入により異なります。詳しくは保険証の発行元にお問い合わせください。
また、生命保険が給付出来る場合があります。当院の白内障手術は日帰り入院の給付対象ではありませんのでご注意ください。詳しくは加入されている保険会社へお問い合わせください。

手術後は定期的な検診が必要です

手術後の期間 検診回数
1週間以内 1週間に3〜4回程度
1ヶ月以内 2週間に1回程度
3ヶ月以内 1ヶ月に1〜2回程度
3ヶ月以上 定期的な検診

※以上は目安になります。実際は担当医の指示に従ってください。

当院の日帰り白内障手術について

当院の日帰り白内障手術について手術時間はわずか10分程度

点眼麻酔なので痛みはほとんど感じません

入院は不要です

健康保険の対象です

手術までの流れ

Step1  一般検査・散瞳による検査
白内障手術が必要かどうかを判断します。高血圧・糖尿病・心疾患等の持病をお持ちの患者様は、内科の先生と連携して白内障手術の了承を得ていただきます。
↓
Step2  術前検査
眼内レンズの度数を決定する検査です。生活スタイルに合わせたレンズを選択いたします。
↓
Step3  術前説明・点眼説明
点眼薬や手術当日・手術後の生活の注意点などを丁寧にご説明します。
↓
Step4  手術当日
手術時間は、わずか10分程度ですが、当日の準備と手術後のご説明で2時間ほどかかります。お付き添いの方とお越し下さい。
QRコード(予約システム)
予約システム
メディア掲載情報
2018年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら
2016年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら
わかさ生活の「わたしの街の眼科さん」で当院が紹介されています。
2015年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら

連絡先 お問合せフォーム WEB診療予約はこちら