眼科ドックとは?

眼科ドッグで何がわかるの?当院では10項目以上の検査を行い、眼疾患の有無について調べることが出来ます。
自覚症状の無い、初期の緑内障および糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症などを早期に発見することにより、視力、視野障害の予防に繋げます。

どんな人にお勧めなの?・40歳以上の方
・血縁者に緑内障を患っている方がいる方
・糖尿病、高血圧、脂質異常症に罹患している方
・心疾患や動脈硬化のある方
・偏頭痛のある方
・近視の強い方
・眼精疲労のある方
・一度も目の検査をしたことがない方

日本人における中途失明の原因について第1位:緑内障
40歳以上の5~7%が中途失明原因第1位の緑内障に罹患していると言われています。
殆どの方が初期は自覚症状がありません。
早期発見、早期治療が効果的と言われています。
40歳以上の方は自覚症状が無くても、定期的な検診をお勧めします。

第2位:糖尿病網膜症
糖尿病には様々な合併症が知られていますが、その中の糖尿病網膜症は、糖代謝異常に伴う眼の網膜などに各種変化をきたし、視力低下を認め、日本の中途失明の第2位を占めます。
糖尿病と診断されて、眼科の検診をされた事がない方、 長年糖尿病を患っている方などは、自覚症状が無くても定期的に検査をすることをお勧めいたします。

その他:網膜色素変性症、加齢黄斑変性症、強度近視、白内障などがあります。

眼科ドックの流れ

眼科ドックについてのご相談・ご予約等は下記までお願い致します。
TEL: 072-453-6001
Step1  問診
家族歴、既往歴や現在の気になる症状についてご記入頂きます。
↓
Step2  屈折・曲率半径検査
検査機械を用いて、近視・遠視・乱視、角膜の形状を調べます。
↓
Step3  視力検査
裸眼視力、矯正視力を測定します。40歳以上の方は、近くの視力も測り、老視を調べます。
↓
Step4  眼圧検査
目に空気(風)をあてて眼圧を測定します。
基準値を超える方は、別の検査方法を用いて、詳細に検査します。
↓
Step5  調節機能検査
近点計を用いて調節機能を調べます。調節とは目の焦点を合わせる働きおことで、加齢とともにその力は減少します。
↓
Step6  角膜形状解析査
角膜の表面を撮影し、乱視の状態や角膜の形の異常がわかります。
↓
Step7  角膜内皮細胞検査
角膜の内皮細胞の形状を調べます。内皮細胞は再生することはありません。
コンタクトレンズの長期使用、白内障手術などで減少することがあります。
↓
Step8  細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)
結膜、角膜、水晶体などに異常がないかを検査します。
結膜炎の有無、角膜の表面の傷、白内障の程度などがわかります。
↓
Step9  涙液検査(ドライアイ検査)
特別なろ紙を使用して涙の量を測定します。
また、涙を染色し、涙の質を評価します。
同時に目の表面のキズの観察も容易となります。
↓
Step10  視野検査
視野計を用いて、片目ずつ測定します。
普段は両目でみているので視野検査で初めて異常に気づくことがあります。
この検査では緑内障や脳の病気の診断に役立ちます。
↓
Step11  眼底検査
点眼薬を用いて瞳孔を開き硝子体および網膜、視神経の状態を観察します。
眼底の写真も撮影します。
↓
Step12  超高速光干渉断層計(OCT)検査
主に網膜の構造を精密に検査するための検査です。
視力に最も関係する黄斑部の構造をより詳細に観察できます。
緑内障や加齢黄斑変性症などの診断や治療に役立ちます。
↓
Step13  最終診察・結果説明
上記の検査結果をもとに総合的に目の状態を診断させていただきます。

眼科ドックは保険の適用外ですので、お支払方法は全額個人負担または企業負担となります。

・眼科ドックは完全予約制です。検査時間は約2~3時間かかります。
・検査当日は瞳孔を開きますので、お車の運転はなさらないようお願いします。
・眼科ドック報告書は、受診後10日前後でご自宅へ郵送いたします。

QRコード(予約システム)
予約システム
メディア掲載情報
2018年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら
2016年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら
わかさ生活の「わたしの街の眼科さん」で当院が紹介されています。
2015年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら

連絡先 お問合せフォーム WEB診療予約はこちら