眼科ドックとは?

眼科ドッグで何がわかるの?当院では10項目以上の検査を行い、眼疾患の有無について調べることが出来ます。
自覚症状の無い、初期の緑内障および糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症などを早期に発見することにより、視力、視野障害の予防に繋げます。

どんな人にお勧めなの?・40歳以上の方
・血縁者に緑内障を患っている方がいる方
・糖尿病、高血圧、脂質異常症に罹患している方
・心疾患や動脈硬化のある方
・偏頭痛のある方
・近視の強い方
・眼精疲労のある方
・一度も目の検査をしたことがない方

日本人における中途失明の原因について第1位:緑内障
40歳以上の5~7%が中途失明原因第1位の緑内障に罹患していると言われています。
殆どの方が初期は自覚症状がありません。
早期発見、早期治療が効果的と言われています。
40歳以上の方は自覚症状が無くても、定期的な検診をお勧めします。

第2位:糖尿病網膜症
糖尿病には様々な合併症が知られていますが、その中の糖尿病網膜症は、糖代謝異常に伴う眼の網膜などに各種変化をきたし、視力低下を認め、日本の中途失明の第2位を占めます。
糖尿病と診断されて、眼科の検診をされた事がない方、 長年糖尿病を患っている方などは、自覚症状が無くても定期的に検査をすることをお勧めいたします。

その他:網膜色素変性症、加齢黄斑変性症、強度近視、白内障などがあります。

QRコード(予約システム)
予約システム
メディア掲載情報
2018年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら
2016年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら
わかさ生活の「わたしの街の眼科さん」で当院が紹介されています。
2015年泉州版 ご近所ドクターBOOKに掲載されました。
掲載内容はこちら

連絡先 お問合せフォーム WEB診療予約はこちら