硝子体(しょうしたい)とは

gankyuu1.jpg硝子体(しょうしたい)は眼球内部の大部分を満たしている無色透明のゼリー状のもの(透明なゲル)です。
役割としては、眼球の形を保つと同時に、入ってくる光を屈折させます。
硝子体が、混濁(濁ること)や、炎症を持続させたり、網膜を強く牽引(引っ張ること)で
目から入った光がうまく眼底に届かなくなり

硝子体混濁(こんだく)・硝子体出血
眼内炎
黄斑部疾患(黄斑円孔、黄斑前膜など)
糖尿病網膜症、網膜剥離

などの病気を引き起こします。

Menu